週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

ニッポンの海から消える魚たち 漁業資源管理は間に合うか=具志堅浩二

     稚魚(シラスウナギ)の漁獲量が減少し続けるニホンウナギ。2014年には国際自然保護連合(IUCN)から絶滅危惧種に指定されている。19年漁期(18年11月~19年5月)の国内シラスウナギ漁獲量は3・7トンとなり、過去最低だった13年漁期の5・2トンを下回る結果に終わった。

     シラスウナギは、マリアナ諸島付近の海で生まれた後、黒潮で東アジアまで流れてくる。水産庁増殖推進部の担当者は「中国や台湾では例年並みの漁獲量だった。海流の影響で日本にあまり流れてこなかった可能性もあるが、原因ははっきりとは分からない」としている。資源の減少傾向は見られるため、引き続き資源管理に取り組むという。

     取れる量が減った魚介類は、シラスウナギだけではない。

    残り3430文字(全文3749文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット