資源・エネルギーエコノミストリポート

福島原発汚染水 処理策の見通しがつかないまま近づくタンク容量満杯リミット=木野龍逸

    福島第1原発の敷地内に建ち並ぶ汚染水タンク群
    福島第1原発の敷地内に建ち並ぶ汚染水タンク群

     放射性のトリチウムが含まれる汚染水をこれからどうするのか。東電は8月に、今のままため続けると2022年夏にタンクが満杯になると表明したが、今後の方針について議論している政府の委員会は、結論をいつ出すのか見通しを付けられずにいる。

     東電福島第1原発では、メルトダウンした核燃料に触れた水がたまる建屋に地下水が流れ込むなどしているため、1日に約170立方メートルずつ、汚染水の量が増え続けている。汚染水は多核種除去設備(ALPS(アルプス))などでセシウムやストロンチウムなどの放射性物質を除去しているが、放射性のトリチウムだけは除去できずにそのまま残っている。

    残り2255文字(全文2535文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事