【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治エコノミストリポート

香港「200万人デモ」 八方塞がりの北京は静観 追い詰められる若者たち=倉田徹

8月18日、雨の繁華街を練り歩くデモ隊は170万人規模に膨れ上がった(Bloomberg)
8月18日、雨の繁華街を練り歩くデモ隊は170万人規模に膨れ上がった(Bloomberg)

 香港では、中国司法当局への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する市民によるデモが続いている。

 改正案の審議は既に停止しており、来年夏の立法会(香港の議会)会期末には、審議未了で廃案になるのは確実である。しかし、6月9日の「103万人デモ」に端を発したデモや集会は7月以降、毎回のように警察との衝突で負傷者を出すなど激しさを増している。8月5日のゼネストや、12~13日の空港デモでは、域内交通や航空便がまひ。18日には「170万人デモ」も発生し、市民の怒りは収まっていない。

 なぜデモは沈静化しないのか。背景には、北京(中国中央政府)が事態への対応方針を明確にできないこと、デモがエスカレートしても暴力化を嫌う民意が強くならないことがある。その間にも、中国・香港・台湾では重要な政治日程が迫っている。

残り3407文字(全文3767文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事