【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

「韓国が困ると日本のテレビ局が喜ぶ」。最近の日本のテレビ局の「タマネギ男」報道を見ていて思いついたフレーズだ。チョ・グクという名前を聞いても誰のことかわからないかもしれないが、「タマネギ男」と言えば、今や知らない人はいないだろう。むいてもむいても明らかになる疑惑の数々から、こう揶揄(やゆ)される。

 文在寅(ムンジェイン)大統領の側近ながら、娘の不正入学など数多くの疑惑が出たチョ・グク氏を法相に任命したことに、韓国の国民が大きな関心を持つのはよくわかる。しかし、日本でこれほどまでに注目を集めるのには違和感を抱く。

 日本にとって韓国は重要な国だが、これが米国の話だったらどうだろう。米国では、閣僚任命前に、しばしばスキャンダルが報じられて大統領が任命を諦めることはよくある。しかし、そうした事件が日本のメディアに大きく取り上げられることはめったにない。それに比べ、今回の大騒ぎは常軌を逸しているとしか、私には見えない。

残り414文字(全文824文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事