週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

撮影=武市公孝
撮影=武市公孝

 ソーシャルメディアやモバイル機器は社会変容をもたらした。ここではあえてそのあしき影響に着目する。

 まず従来型マスメディアが弱体化した影響は無視できない。いまや多くの人がデジタルメディアからニュースを得る。インターネットは地域性が希薄なためローカルニュースよりもグローバルニュースに力点が置かれる。地方紙は減り、地元に密着した記者も減り、住民が地元の情報を得られなくなる「ニュース砂漠」が、米国では社会問題化している。人々もまた身近で起こるニュースに無頓着になっている。

 また、地域の垣根がないデジタルメディアでは、無数のニュース供給者が競合する。競争原理から魅力あるコンテンツが増えれば歓迎だが、実際には好奇心をそそるだけの悪質な誇張文句や虚偽情報も発生する。結果としてデジタルメディアへの不信感が募る。もともとデジタル機器に対しては得手不得手があり、情報格差を生みやすい土壌があるが、ここにデジタル嫌悪が加われば、情報格差はさらに拡大する。

残り387文字(全文809文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事