週刊エコノミスト Online書評

『クロード・シャノン 情報時代を発明した男』 評者・高橋克秀

著者 ジミー・ソニ(編集者、ジャーナリスト) ロブ・グッドマン(元スピーチライター) 訳者 小坂恵理 筑摩書房2500円

デジタル時代の礎を築いた天才数学者の本格評伝

 クロード・シャノン教授は情報理論の創始者であり、デジタル革命の生みの親である。シャノンの意味での情報とは、ある状況下における不確実性の量を減少させる働きをするものである。

 シャノンは1985年に第1回の京都賞(稲盛和夫氏が創設。科学や技術、思想・芸術への貢献者に贈られる)を受賞した。情報理論という新しい数学を生み出し、情報伝達の科学性を浮き彫りにし、今日にいたる情報技術の発展の基礎を確立したことが授賞理由である。この栄光に包まれた科学者の評伝には二通りの読み方があるだろう。エンジニアなど理工系の素養がある読者には、シャノン理論を学説史的に確認するために役に立つだろ…

残り852文字(全文1220文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事