週刊エコノミスト Online書評

神格化された作曲家 今こそ真の再評価を=加藤徹

     現代の中国では「人民の音楽家」として絶対的な存在が2人いる。1人は国歌の作曲者で日本の鵠沼(くげぬま)海岸で溺死した聶耳(じょうじ)。もう1人は、中国最初の交響曲作曲家である洗星海(しょうせいかい)(1905~45年)だ。

     平居高志『洗星海とその時代』(アルファベータブックス、3500円)は、中国共産党が神格化した作曲家の生涯を丹念に追い、近現代史の激動を浮き彫りにする労作だ。

     洗星海は貧しい母子家庭の出だった。生活のためシンガポールに移住。学校で音楽の能力を評価された。援助を受け、広州や北京、上海で音楽を学んだ。

    残り619文字(全文880文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事