週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

リノベ物件でも配管は古いまま/15

     首都圏の中古マンション市場が好調だ。東日本不動産流通機構によると、2019年8月の首都圏中古マンション成約件数は前年同月比12・2%増、成約平米(1平方メートル)単価も同3・4%上昇し、ともにほぼ一貫して上昇を続けている。

     16年後半から恒常的に契約率70%を割り込むようになってしまった新築マンション市場の不調をよそに、中古マンション市場が好調なのは、とりもなおさず新築マンション価格が上がりすぎたことが最も大きな要因だろう。

     中古マンションの成約増加に伴って、昨今は多数の事業者がリノベーション(改修)事業に新規参入するようになった。しかし経験不足からか、現場では問題も起きている。最も多い問題の一つは「水漏れ」だ。典型的な事例を紹介しよう。

    残り886文字(全文1210文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット