週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

医療ビッグデータで分かる治療の真実=康永秀生

     医療ビッグデータは大きく分けて、(1)保健・医療系と(2)ライフサイエンス(生命科学)系に分類できる(表)。本稿では、(1)のうち特にレセプト・健診情報に関するビッグデータの活用について説明する。

     レセプトとは、患者に施された医療の内容の詳細が記載された書類であり、本来は医療機関が公的医療保険からの医療費支払いを受ける際に用いられる。レセプトには、患者の年齢・性別、診断名、外来受診日、入院日・退院日、実施された医療(診察・検査・処置・手術・麻酔・放射線治療・リハビリテーションなど)の内容と日付、薬剤の名称・量・日付、医療費などが克明に記載されている。

     厚生労働省は2015年に「データヘルス計画」を開始し、公的医療保険の保険者(市町村、各健康保険組合、協会けんぽ等)に対して、特定健診(通称、メタボ健診)とレセプト情報を突合した分析を行い、病気になるリスクの高そうな被保険者に対して適正な保健指導を行うことを推奨している。

    残り1855文字(全文2270文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット