週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

医療ビッグデータで分かる治療の真実=康永秀生

     医療ビッグデータは大きく分けて、(1)保健・医療系と(2)ライフサイエンス(生命科学)系に分類できる(表)。本稿では、(1)のうち特にレセプト・健診情報に関するビッグデータの活用について説明する。

    NDBとDPC

     レセプトとは、患者に施された医療の内容の詳細が記載された書類であり、本来は医療機関が公的医療保険からの医療費支払いを受ける際に用いられる。レセプトには、患者の年齢・性別、診断名、外来受診日、入院日・退院日、実施された医療(診察・検査・処置・手術・麻酔・放射線治療・リハビリテーションなど)の内容と日付、薬剤の名称・量・日付、医療費などが克明に記載されている。

     厚生労働省は2015年に「データヘルス計画」を開始し、公的医療保険の保険者(市町村、各健康保険組合…

    残り1934文字(全文2270文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット