週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

介護保険と障害者福祉制度の一本化を=石川誠

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    詳しくはこちら

     2000年に介護保険制度が施行されてから、高齢者福祉サービスは飛躍的に改善したが、必ずしも十分とは言えない側面もある。私は、身体障害、知的障害、精神障害者などと高齢の要介護者などは一体的に支援すべきであり、そのため、現在の介護保険制度と障害者福祉制度は一本化すべきと考える。現在の障害児者も年を重ねれば高齢者になり、年齢や疾患による現在の区分には違和感がある。多くの異論があることは承知しているが、それは介護保険サービスを抑制する方向に進んでいることから、一本化すれば障害福祉サービスの低下を招くという懸念が大きいからと思われる。世の中が、地域包括ケアから地域共生社会へと踏み出そうとしている現在、介護保険の支給限度額を見直すなど介護保険制度の諸条件を改善した上で、一本化へと議論を進めることを期待する。

     今、世界の主要国の潮流として、障害者が健常者と分け隔てなく働き、共生する社会作りがある。国連は06年12月の総会で、障害者への差別撤廃や障害者の社会参加促進を目指すため、「障害者の権利に関する条約」を採択した。世界には6億5000万人の障害者がいると言われているが、既に、北欧、英国、フランス、ドイツなどで障害者と健常者が共生する社会作りが進んでいる。

    残り2483文字(全文3020文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット