週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

厚生年金の適用対象者の拡大を=駒村康平

    ※短時間労働者への厚生年金適用拡大によって、基礎年金の給付水準低下が抑制され、曲線は並行して低下する (出所)筆者作成
    ※短時間労働者への厚生年金適用拡大によって、基礎年金の給付水準低下が抑制され、曲線は並行して低下する (出所)筆者作成

     2019年の公的年金の財政検証では、モデル世帯(夫婦2人)の年金の給付水準を示す所得代替率(現役男子の平均的な手取り年収に対するモデル世帯の年金額の割合)が、将来にわたって国民年金法で定められた50%を維持できるかに注目が集まった。

     現役世代が年金生活者を支える「賦課方式」の日本では、人口減少を見据え、04年の年金改革で「マクロ経済スライド」が導入された。これは、現役世代の負担を増やさないため、1人当たりの年金水準を自動的に減らす仕組みだ。具体的には、毎年の物価上昇率から約1%引き下げた分しか年金額を増やさない。適用が続く間は、実質的な年金水準は低下する。

     19年の財政検証では、29年以降の実質経済成長率が年0・4%となる「ケースⅢ」で、所得代替率は19年度の61・7%から年々低下し、47年度以降は50・8%まで下がるものの、50%を上回る見通しとなった。

    残り2442文字(全文2826文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット