国際・政治

英EU離脱交渉、混迷増す 金融市場はノーディール観測=増谷栄一

    議会閉会は違法とする最高裁の判断で窮地に追い込まれたジョンソン首相(Bloomberg)
    議会閉会は違法とする最高裁の判断で窮地に追い込まれたジョンソン首相(Bloomberg)

     ジョンソン英首相は就任後初めて、9月16、17日、ルクセンブルクで新しい欧州連合(EU)離脱協定の締結を目指し、EU首脳らとの対面交渉に臨んだ。英国、特に政府内でディール(合意)の機運が盛り上がる中、ノーディール(合意なき離脱)観測も依然根強い。英最高裁判所が9月24日、ジョンソン首相が10月13日まで5週間にわたる議会閉会を決定したのは違法と判断したことを受けて議会は再開するが、情勢は一段と混迷している。

     英国の金融市場でもノーディール観測が一気に高まった。9月16日のルクセンブルクのベッテル首相との会談後、ジョンソン首相が英国のEU離脱に反対する市民が怒号を上げる中で共同記者会見が行われることを嫌い、急きょ、会見中止を伝えた。だが、ベッテル首相は単独で会見し、隣の空席の演壇をおどけて紹介し、英国メディアから「EUによる計画的な恥辱行為だ」との非難を浴びた。これを機に、ロンドンのポンドの先物取引所…

    残り950文字(全文1356文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット