国際・政治

英EU離脱交渉、混迷増す 金融市場はノーディール観測=増谷栄一

    議会閉会は違法とする最高裁の判断で窮地に追い込まれたジョンソン首相(Bloomberg)
    議会閉会は違法とする最高裁の判断で窮地に追い込まれたジョンソン首相(Bloomberg)

     ジョンソン英首相は就任後初めて、9月16、17日、ルクセンブルクで新しい欧州連合(EU)離脱協定の締結を目指し、EU首脳らとの対面交渉に臨んだ。英国、特に政府内でディール(合意)の機運が盛り上がる中、ノーディール(合意なき離脱)観測も依然根強い。英最高裁判所が9月24日、ジョンソン首相が10月13日まで5週間にわたる議会閉会を決定したのは違法と判断したことを受けて議会は再開するが、情勢は一段と混迷している。

     英国の金融市場でもノーディール観測が一気に高まった。9月16日のルクセンブルクのベッテル首相との会…

    残り1100文字(全文1356文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット