週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

水没リスクで都心住宅に明暗/17

    (注)1時間当たり最大雨量153ミリ、総雨量690ミリを想定 (出所)渋谷区役所ホームページより筆者作成
    (注)1時間当たり最大雨量153ミリ、総雨量690ミリを想定 (出所)渋谷区役所ホームページより筆者作成

     人口減少を理由にコンパクトなまちづくりを促進する立地適正化計画のもと、人口密度を保って地価上昇を目指す区域と、そうでない地域の線引きが行われている。そうでない地域とはつまり、人口密度を維持せず、上下水道などのインフラ整備やゴミ収集、除雪などの行政サービスを積極的には行わない区域を指す。こうした取り組みはやがてほとんどの自治体で実施されるだろう。

     その際、真っ先に区域外に分類されるのはどこか。それは「災害が予想される区域」。集中豪雨や大地震などの際に災害リスクが予想されるところだ。立地適正化計画案を提示している多くの自治体で、ほぼ例外なく災害可能性のある区域は除かれている。

    残り808文字(全文1098文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット