週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

常識が一変する住宅の「寿命」/18

    建物の状態も確認するホームインスペクター(さくら事務所提供)
    建物の状態も確認するホームインスペクター(さくら事務所提供)

     住宅の世界ではこれから面白いことが起きるに違いない。「新築の時にその価値が最も高く、10年で半値、25年程度で価値ゼロ」といったこれまでの常識は覆されることになるだろう。国が現在公表する木造住宅の「寿命」は27年もしくは30年、マンション(鉄筋コンクリート造)は37年としているケースが多いが、そもそも住宅の寿命とは何なのだろうか。

    「木造寿命27年」の根拠は、取り壊した住宅の平均築年数であり、実態を反映した数字ではない。次に「木造寿命30年」の根拠。これは現存する住宅戸数を新築戸数で割る「サイクル年数」という概念を用いて、あくまで便宜的に算出したもの。「マンション寿命37年」の根拠も「建て替えが完了したマンションの平均築年数」だ。築年数がさらに経過しても現存するマンションはいくらでもあり、寿命を表したものとは程遠い。

    残り915文字(全文1278文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット