週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(9月28~10月4日)

     トヨタ自動車は、SUBARU(スバル)に追加出資し、出資比率を現在の約16・8%から20%以上に引き上げると発表した。「CASE」と呼ばれる次世代技術の分野で関係を深める。スバルの中村知美社長=写真=が。

     自民党岸田派名誉会長の古賀誠元幹事長が、28日発売の著書『憲法九条は世界遺産』(かもがわ出版)の中で。

     NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された対談で、増加する世界人口への対応に関して。直後に「やる気はないけど」と付け加えた。識者らから「国会議員としての資質が問われる」などの批判が出た。

     ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で1次リーグA組の日本が世界ランキング2位のアイルランドと対戦した28日の朝、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチが選手に。言葉通りの戦いぶりで、日本が19-12で逆転勝ちし大金星を挙げた。

     日本郵政グループは、かんぽ生命保険の不正販売を巡り、保険業法や社内規定に違反した疑いのある契約は過去5年で6327件に上るとの中間報告を発表した。日本郵政の長門正貢(まさつぐ)社長が記者会見で、早期辞任を否定して。

     消費税率が1日、8%から10%に引き上げられた。麻生太郎財務相が会見で、景気への影響について。

     ボルトン前米大統領補佐官がワシントン市内で講演し、トランプ政権による北朝鮮との対話路線に否定的な考えを示した。

     関西電力社長や役員らが多額の金品を受け取った問題で、筆頭株主の大阪市の松井一郎市長が報道陣に、経営陣の刷新を求める考えを示して。

     関西電力が、昨年9月にまとめていた社内…

    残り1085文字(全文1766文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット