週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(10月5~10日)

     香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官は、立法会(議会)の可決なしに行政長官が条例を制定できる「緊急状況規則条例(緊急法)」を発動。これに基づき、デモ参加者が顔を隠すことを禁じる「覆面禁止法」を施行すると発表した。

     陸上の世界選手権の男子20キロ競歩で、山西利和(愛知製鋼)=写真=が1時間26分34秒で金メダルを獲得し、来年の東京五輪代表に決まった。7キロ過ぎから飛び出し完勝だったが、不満げに。

     香港政府が緊急法を発動したことについて、米下院のペロシ議長(民主党)がツイッターで。

     北朝鮮の非核化を巡る米国と北朝鮮の実務協議がスウェーデンのストックホルム近郊で行われた。終了後、北朝鮮首席代表の金明吉(キムミョンギル)巡回大使が「決裂した」との認識を表明して。米国務省は「有意義な協議をした」と反論した。

     能登半島沖の北西約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突。漁船は沈没したが乗組員は全員救助された。水産庁の山口英彰長官が会見で、乗組員を北朝鮮側に帰した対応について。

     国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は、企画展「表現の不自由展・その後」を8日に再開すると発表した。同展で昭和天皇をモチーフにした版画、映像作品を出した美術家の大浦信行さんが。

     トランプ米大統領がツイッターで、シリア北部から米軍部隊を撤収する意向を示して。「クルド人を見捨てることになる」と米国内で反発の声が上がった。

     平安時代中期に紫式部が創作した「源氏物…

    残り1139文字(全文1818文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット