週刊エコノミスト Online書評

空間政策の観点で見た豊臣秀吉の天下統一=今谷明

     幼児虐待や京都アニメーションの放火事件など、物騒な殺人事件が頻発している。インバウンド(訪日外国人旅行)の盛行とは逆に、日本の治安は一見悪化しているようにも受け取られかねない。しかし、故堺屋太一氏によれば、日本人の刑務所収容数は数万人にすぎないのに対し、米国人のそれは200万人を超えるという。日米で2桁違うのである。

     このような相違の一端は、周知のように米国が「銃社会」を許されていることに尽きよう。日本も過去、封建制が長く、敵討(かたきうち)公認の慣行から被害者に復讐(ふくしゅう)感情が強く、なかなか死刑廃止に至らないという特徴もある。ただ、日本が銃社会でなかった点が、比較的治安良好の証左であることは疑われない。

    残り620文字(全文931文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事