週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

地球温暖化 アマゾン火災 先住民排除し森林開発 米国味方に強気の大統領=山本太一

    違法伐採された木が散乱するシクリンの先住民保護区=9月11日、ブラジル北部で (山本太一撮影)
    違法伐採された木が散乱するシクリンの先住民保護区=9月11日、ブラジル北部で (山本太一撮影)

     南米ブラジルのアマゾンで熱帯雨林の破壊が深刻化し、波紋を広げている。今年1~8月の森林破壊面積は東北地方の広さにあたる6400平方キロに及び、火災件数は約4万7000件を記録した。いずれも昨年の2倍近いペースで、それぞれ2008年、10年以降で最悪のレベルだ。「ブラジルのトランプ」の異名を持つ極右のボルソナロ大統領が経済開発を優先し、環境保護を軽視しているとして、欧州諸国を中心に国際社会から批判が噴出している。

    残り3658文字(全文3866文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット