テクノロジーエコノミストリポート

インド経済が急減速 信用不安背景に自動車販売不振 排ガス基準厳格化前に買い控え=熊谷章太郎

    (出所)Ministry of Statistics and Programme Implementation
    (出所)Ministry of Statistics and Programme Implementation

     インドの景気が足元で急減速している。2019年4~6月期の実質GDP(国内総生産)は、消費の増勢鈍化を主因に前年同期比プラス5・0%と、13年1~3月期以来の低成長となった(図1)。足元の成長鈍化には主要産業の自動車の販売不振が強く影響している。今年前半の乗用車、商用車、二輪車の販売台数はいずれも大幅な前年割れとなり、マイナス幅は7月以降、一段と拡大している(図2)。足元の自動車販売急減の背景と、景気の先行きを展望する。

    残り3280文字(全文3493文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット