テクノロジーエコノミストリポート

インド経済が急減速 信用不安背景に自動車販売不振 排ガス基準厳格化前に買い控え=熊谷章太郎

    (出所)Ministry of Statistics and Programme Implementation
    (出所)Ministry of Statistics and Programme Implementation

     インドの景気が足元で急減速している。2019年4~6月期の実質GDP(国内総生産)は、消費の増勢鈍化を主因に前年同期比プラス5・0%と、13年1~3月期以来の低成長となった(図1)。足元の成長鈍化には主要産業の自動車の販売不振が強く影響している。今年前半の乗用車、商用車、二輪車の販売台数はいずれも大幅な前年割れとなり、マイナス幅は7月以降、一段と拡大している(図2)。足元の自動車販売急減の背景と、景気の先行きを展望する。

     足元の自動車販売悪化の理由としては、以下の3点を指摘できる。

     第一に、信用不安を背景とした金融機関の貸し出し態度の厳格化や金利の高止まりである。昨年後半以降、多額の負債を抱える大手ノンバンクIL&FSが相次いで社債などのデフォルト(債務不履行)を起こしたことを受けて、ノンバンク業界を中心に金融セクターでの信用不安が高まった。自動車ローンの約半分を占めるノンバンクの貸し出し態度の厳格化は、自動車販売に大きな下押し圧力をもたらしている。

    残り3061文字(全文3493文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット