週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    初入閣の小泉進次郎環境相が厳しいバッシングにさらされている。「汚染処理水は所管外」発言でつまずき、何を言っても、中身がない「ポエム」とばかにされる。9月の国連気候行動サミットの前日、気候変動問題に「セクシーに取り組む」と発言し炎上した。

     しかし、私が取り上げたいのは、小泉氏ではない。これを報じる大手メディアの姿勢だ。日本は一時期、省エネや再生可能エネルギー分野で世界の先頭に立った。しかし今や、見る影もなく、途上国にも追い越されつつある。

     パリ協定の交渉などでも、日本は毎回、海外NGOのターゲットとなり、今回のサミットでも安倍首相を揶揄(やゆ)する大きな顔の人形が街頭に登場した。

    残り534文字(全文826文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事