週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    初入閣の小泉進次郎環境相が厳しいバッシングにさらされている。「汚染処理水は所管外」発言でつまずき、何を言っても、中身がない「ポエム」とばかにされる。9月の国連気候行動サミットの前日、気候変動問題に「セクシーに取り組む」と発言し炎上した。

     しかし、私が取り上げたいのは、小泉氏ではない。これを報じる大手メディアの姿勢だ。日本は一時期、省エネや再生可能エネルギー分野で世界の先頭に立った。しかし今や、見る影もなく、途上国にも追い越されつつある。

     パリ協定の交渉などでも、日本は毎回、海外NGOのターゲットとなり、今回のサミットでも安倍首相を揶揄…

    残り556文字(全文826文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット