週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 宮武祐希
    撮影 宮武祐希

    エボラ出血熱のウイルスが日本にやってくる──。このニュースに不安を覚えるのはSF映画のドタバタ劇になじみすぎているせいかもしれない。ウイルスが届いたのは東京都武蔵村山市にある国立感染症研究所だ。この研究所は日本で唯一、最高危険度の病原体を扱えるバイオセーフティーレベル(BSL)4の施設を持つ。

     来年の東京オリンピックを控え、新たな感染症やバイオテロに備えるために、危険なウイルス5種が基礎研究に使用されることになった。冒頭のエボラウイルスのニュースはこのためだ。今回のウイルス搬入の強行に対して周辺住民からは「オリンピックはただの口実にすぎない」と非難の声も上がっている。

     実際のところオリンピックは単なる契機にすぎない。病原体の封じ込めレベルの高いBSL4施設は約30年…

    残り437文字(全文774文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット