週刊エコノミスト Online商社の深層&ズバリ!地域金融

大火災からの再起を後押し 糸魚川信組が示した本気=浪川攻/28

    女性職員だけの梶屋敷支店が出店した糸魚川市の復興マルシェ 糸魚川信用組合提供
    女性職員だけの梶屋敷支店が出店した糸魚川市の復興マルシェ 糸魚川信用組合提供

     北陸新幹線糸魚川駅から日本海側に向かって5分も歩くと、市街地中心である大町地区に着く。今、同地区は新築の店舗や住宅が建ち並び、その横ではさらに建設工事が行われている。2016年12月22日に発生した糸魚川火災の被害地が復興を遂げつつある今の姿である。焼失面積は4万平方メートルに及んだ大規模火災に対して、国は被災者生活再建支援法を発動し、その復興を支援した。

     しかし、店舗を焼失した事業者たちの精神的な痛手は深かった。それを目の当たりにして動き出したのが地元金融機関の糸魚川信用組合(黒石孝理事長)である。再起に向けた「やる気」の後押しである。その一つがクラウドファンディング(CF)の活用だ。インターネットで不特定多数の人たちから全国的に応援の小口資金を集めることによって、事業者たちに再起の意欲を促した。

    残り910文字(全文1265文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット