週刊エコノミスト Online書評

中国 「偉大な闘争」に驚き、中国の読書界=辻康吾

     10月1日、北京での壮大な軍事パレードをはじめ中国各地で中華人民共和国成立70周年を祝う各種の行事が行われた。出版界もその例にもれず、建国70周年における共産党治世の成果を列挙し、習近平総書記をたたえる多様な書籍が大量に出版されている。そのはしりとも言える一冊、『偉大闘争 与新時代共産党人的使命担当』(赫永平ら著、人民出版社、2019年5月)を入手した。というのも9月、習近平総書記自身が幹部教育の党学校での講演で「闘争」という言葉を58回も繰り返す激烈な演説を行い、その後も「偉大な闘争」というスローガンが国内各地で掲げられ、海外メディアを含め注目されていたからであった。

     この「偉大な闘争」の目標を要約するなら「共産党員の原則、社会主義制度を堅持」し、「国家の主権・安全・発展を脅かすもの」「国家の核心的利益を脅かすもの」「中華民族の偉大な復興を脅かすもの」との断固たる闘争と勝利を収めることなどとされている。

    残り534文字(全文943文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット