教養・歴史書評

「セブン・プラス新書」で影響力増すコンビニ=永江朗

     また新たな新書レーベルが誕生した。セブン&アイ出版が10月1日に始めた「セブンplus(プラス)新書」だ。第1弾のラインアップは、坂上忍『かけひきする勇気』、中野信子『引き寄せる脳 遠ざける脳』、穂積桜『睡眠レッスン』。それぞれ本体500円+税で、初版は6万部だという。セブン・プラス新書の特徴は、販売ルートをセブン─イレブンはじめセブン&アイグループに限定していること。つまり、書店やアマゾンでは買えないのである。

     出版社の中には「コンビニに本を置いても売れない」との声もあるが、セブン─イレブンはネットで注文した書籍の受け取りとしての利用促進に熱心で、ローソンも書籍専用棚を置いた店舗を増やしている。書籍・雑誌の集客力は大きい。

    残り576文字(全文893文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット