週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ アジア最大の政府系ファンド 外資との連携を強めるわけ=岸田英明

    CICは海外のインフラ事業にも投資してきた(Bloomberg)
    CICは海外のインフラ事業にも投資してきた(Bloomberg)

    「強みは背後に中国市場を持つことだ」。政府系ファンドの中国投資有限責任公司(CIC)の彭純董事長は9月、北京市内で開いた年度報告会見で、伸びる中国市場をてこに保有資産の価値を高めていく狙いを示した。

     CICは外貨準備を原資に2007年9月に設立され、18年末の総資産は9406億ドル(約100兆円)。政府が出資する投資ファンドの中では、ノルウェー政府年金基金に次ぐ規模だ。総資産のうち約2500億ドルが海外資産と見られる。18年は株安などで海外投資のリターンが前年の17・5%からマイナス2・3%に減り、ファンド全体の純利益は前年比37・2%減の650億ドルにとどまった。

     CICの18年末の海外資産保有比率は、株式38・3%、債券15・2%、オルタナティブ投資(ヘッジファンドやインフラ、不動産、未公開株など)44・1%、現金2・4%。前年比で株式は5・3%減り、オルタナ資産は4・8%増えている。株式は米国株が5割強、その他の先進国株が3割強を占めた。彭董事長は会見で「18年の主要株式市場(のパフォーマンス)は過去10年で最悪だった」と指摘し、弱含みな株式に替え、オ…

    残り866文字(全文1352文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事