週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「道連れ彦輔」連載中=逢坂剛・作家/768 

    写真1 「小説で一番苦労するのは時代考証。書く前に調べなきゃいけないことがたくさんあります」 撮影=蘆田 剛
    写真1 「小説で一番苦労するのは時代考証。書く前に調べなきゃいけないことがたくさんあります」 撮影=蘆田 剛

     国際ハードボイルドから公安警察、道中ものまで幅広い分野の小説に取り組み、エンターテインメント街道を走り続ける作家、逢坂剛さん。尽きることのないエネルギーの源泉はどこに──。

    (聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

    「誰も書かない小説を書く。それが楽しい」

    「年を取ると、自分が生まれた時代や、おやじが描いた江戸の風物に興味が湧いてきてね」

    ── 毎日新聞「日曜くらぶ」に連載中の「道連れ彦輔 居直り道中」は、すでに80回を超えています。いま彦輔の一行は中山道を歩いていますが、どこまで行くんですか。

    逢坂 江戸から長崎まで行くということで始めた道中ものだったんですが、やっと中山道の真ん中ぐらいに来た。本当は長崎へ行って、日本近代医学の父といわれるシーボルトの話につなげようと思ったんだけど、このペースだと新幹線にでも乗らない限り長崎まで行けそうにない(笑)。今年10月で終わる予定だった連載を年内まで延ばしてもらって、中山道の木曽あたりで一応決着をつけます。

    残り4443文字(全文4868文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット