週刊エコノミスト Online書評

『電源防衛戦争』『コンテナ物語』『急に具合が悪くなる』『作曲の科学』

     戦後の9電力会社誕生から初の原子力発電所導入まで、現在の電力供給体制の礎が確立した時代を新聞報道など膨大な資料から振り返った異色の書。電力事業の分割民営化を求める占領軍と戦前の国家独占体制を維持したい政治家・官僚の激しい攻防。発電所建設をめぐる利権争奪戦。常に業界をリードし「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門ら強烈な個性の持ち主たちが見せる人間模様は実に生臭く、関西電力の金品受領問題のルーツを感じさせる。(W)

     米国の陸運業者マルコム・マクリーンは1…

    残り745文字(全文972文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット