週刊エコノミスト Online書評

綱吉の「生類憐みの令」「動物愛護」説に痛棒=今谷明

     将軍徳川綱吉の「生類憐(あわれ)みの令」といえば、誰でも知っている。江戸西郊の中野や大久保、四谷に広大な犬小屋を建てて収容し、犬への殺傷についてはとくに厳しく罰した。綱吉死後、右法令はすぐ廃され、希代の悪法としての見方が定着していたが、広辞苑などの記述で動物愛護の趣旨を強調するように変化してきたことなどを見ても、その歴史的な評価は微妙に揺れ動いている。

     評者が駆け出しの研究者であった40年前、職場の同僚であった塚本学氏(近世史の大家)が生類憐みの令の…

    残り706文字(全文934文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット