教養・歴史書評

『隠された奴隷制』 評者・浜矩子

    著者 植村邦彦(関西大学教授) 集英社新書 880円

    資本主義的生産体制こそベールをかぶった奴隷制度

     恐ろしい本である。その恐ろしさの本質が次のくだりに凝縮されている。「自分自身が『奴隷』であることに気づいていない『奴隷』。主観的には自分は『最大の自由』と『個人の完全な独立性』を享受していると思っている『奴隷』。」

     この自覚症状なき奴隷たちは、資本主義の展開過程の中で産み落とされた。工場労働者としての彼らの誕生プロセスとその生態を、歴代の啓蒙(けいもう)思想家たち、そしてカール・マルクスが論じている。論者たちの分析と主張を徹底追跡しているのが、本書だ。その意味で、本書は思想史本である。

    残り862文字(全文1157文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事