週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ “永久債”発行容認で自己資本を拡充する銀行=神宮健

    5月に公的管理化に置かれた内モンゴルの包商銀行。銀行を巡る環境は厳しい(Bloomberg)
    5月に公的管理化に置かれた内モンゴルの包商銀行。銀行を巡る環境は厳しい(Bloomberg)

     中国の商業銀行が自己資本の補充に動いている。商業銀行全体の自己資本比率は14・12%(2019年6月末)で、自己資本比率規制の必要水準10・5%(システム上重要な銀行は11・5%)を大きく上回っているものの、足元で実体経済、特に中小企業への貸し出し増加を求められる一方、自己資本やその源泉である利益を巡る環境が厳しくなっている。

     第一に、金融リスクの抑制・解消を目指す金融当局の政策がある。18年以降、90日以上延滞の貸し出しを不良債権に分類することが徹底された。これまで厳格化が遅れていた中小銀行を中心に不良債権が増え、それに伴って貸し倒れ引当金や不良債権償却も増加。利益や自己資本の圧迫要因となっている。今後は債券など、貸し出し以外の資産の不良債権認定も厳格化される方向にある。

    残り977文字(全文1319文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事