国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

覇権狙うデジタル人民元 ブロックチェーンで“統制”も=金子秀敏

    主要国では世界初のデジタル通貨を発行する中央銀行になるか(Bloomberg)
    主要国では世界初のデジタル通貨を発行する中央銀行になるか(Bloomberg)

     中国の習近平国家主席が、仮想通貨(暗号資産)に使われている暗号技術「ブロックチェーン(分散型台帳)」を「新たな技術革新の突破口」と位置づけた。また、ブロックチェーン技術をデジタル決済などのフィンテック領域に限らず、年金、健康保険、雇用、環境保護など行政全般に「総合応用」する「ブロックチェーン・プラス」の促進を命じた。ブロックチェーンによる国家統治へ踏み出すという宣言にほかならない。

     米国ではフェイスブックが開発した仮想通貨「リブラ」に対して議会が厳しい規制を主張し、運用の開始が遅れている。習主席の発言はそれと対照的な動きで、中国の金融専門家の間からはデジタル人民元の発行が近いのではないかという観測が上がっている。

    残り991文字(全文1302文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット