週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

ファッション ZOZO低迷の真相 世界観伝える場失い同質化 避けられない市場縮小=藤原裕之

    今年9月、ヤフーとの業務提携と自らの社長辞任を発表したZOZO創業者の前澤友作氏
    今年9月、ヤフーとの業務提携と自らの社長辞任を発表したZOZO創業者の前澤友作氏

     国内アパレル業界は長期にわたって深刻な不振が続いている。衣料品市場はこの30年近くの間に3割以上縮小し、購入単価(婦人服)は半分以下になった(図1)。大手アパレルメーカーの大量閉店など、業界の不振を伝えるニュースには事欠かない。

     そうした中、唯一明るい話題を提供してきたのがアパレル電子商取引(EC)サイト大手のZOZOだ。その同社が今年9月、ソフトバンク子会社のヤフーに買収された。ZOZOの業績低迷の背景に一体何があるのか。アパレル業界に今後どのような影響が及ぶのか。これを理解するには、まずZOZOと出店ブランドの間に起こった変化について知っておく必要がある。そこからアパレル業界が抱える課題の本質が浮かび上がってくるからだ。

     ファッション市場は主に、(1)海外トップブランドを中心とするラグジュアリー市場、(2)総合アパレルやセレクトショップに代表されるトレンド市場、(3)流行を取り入れながら低価格に抑えたファストファッション市場、の三つに分類される。近年の業界の低迷は、このうち「トレンド市場」の不振を反映したものと言っていい。

    残り3259文字(全文3730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット