テクノロジーエコノミストリポート

ゲノム編集食品 「痕跡」残らぬ技術に虚偽の恐れ=塚谷裕一

    ゲノム編集を使った大豆の畑(米ミネソタ州)(Bloomberg)
    ゲノム編集を使った大豆の畑(米ミネソタ州)(Bloomberg)

     この10月、ゲノム編集によって作られた食品の届け出制度が始まった。これを機に、ゲノム編集食品がすぐにも出回ると報じられているが、果たしてどうか。そもそもゲノム編集と、すでに食品に応用されている遺伝子組み換えは何が違うのか。そのあたりは十分解説されていないようだ。潜在的な経済効果の大きなこの技術については、より正確な情報提供が必要である。

     まずゲノム編集と遺伝子組み換えの違いに触れよう。多くの報道では、両者は別ものであるかのように解説しているが、これは誤解を招く説明である。遺伝子の正体がDNAという化学物質であることが判明して以来、世界中でDNAの配列を操作しようと、工夫がなされてきた。遺伝子操作だ。その方法として、これまでさまざまな技術が開発されてきた。

    残り3432文字(全文3764文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット