週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

マンション建て替えはほぼ不可能/22

    老朽化が進んでも建て替えの道は困難だ
    老朽化が進んでも建て替えの道は困難だ

     世の中には廃虚予備軍のマンションがごまんとある。渋谷区某所の築50年、総戸数100戸の中古マンションは、築12年目に大規模修繕を行って以降、一度も修繕をしていない。各住戸から徴収される修繕積立金がわずか月2500円程度に過ぎず、滞納者への徴収も長年怠り、修繕積立金が枯渇しているからだ。

     建物はとにかく金がかかる。とはいえ点検やメンテナンスを怠れば、長持ちしないから定期的に修繕を行わざるを得ない。修繕にはさまざまなものがあるが、足場をかけて行う外壁の大規模修繕は、建物の規模によっては数千万円から数億円単位の金がかかる。

     こうした修繕は「修繕積立金」で賄うが、不足していればもちろん修繕はできない。各住戸で数十万~百万円単位の一時金を出すか、あるいは管理組合で金融機関から借り入れを行い、その後の修繕積立金をアップして借金を返済するしかない。

    残り865文字(全文1238文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット