週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

インフレが迫る住宅ローン破綻/21

    インフレによって不動産市場が大きく左右される・・・・・・(Bloomberg)
    インフレによって不動産市場が大きく左右される・・・・・・(Bloomberg)

     10月に消費税が10%へ引き上げられた。社会保障財源が拡充されたことで、財政の持続可能性が保たれるのか。政府のもくろみ通り、景気が上向いて緩やかなインフレが訪れるとき、不動産市場はどうなるだろうか。今回は不動産市場とインフレとの関係を考えてみよう。

     景気上昇に伴うインフレによって日本経済が好転した場合の不動産市場は、比較的想像しやすい。まずは東京都心部のオフィス賃料が上昇し、販売価格も上昇する。価格上昇の波は都心部のマンションに波及していく。都心3区(中央、千代田、港)、5区(中央、千代田、港、新宿、渋谷)、そして23区から神奈川、埼玉、千葉へとゆるやかに価格上昇の波が広がる。やがて名古屋、大阪、福岡など都市部にもタイムラグを伴って波及していく。

     では景気上昇を伴わないインフレの場合はどうだろうか。不動産は金などと同様、実物資産の代表だ。デフレ…

    残り859文字(全文1237文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット