週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

いいなりの大規模修繕は数億円のムダ/23

足場を組む大規模修繕は特に入念に計画したい
足場を組む大規模修繕は特に入念に計画したい

 マンションの長期修繕計画は一般的に12年目・24年目・36年目というように12年サイクルで大規模修繕工事が予定されることが多い。しかし実際に大規模修繕を行うかどうかは建物の劣化状況次第であり、必ずしも12年ごとに行う必要はない。

 なぜ多くのマンションで長期修繕計画のサイクルが12年となっているのか。それは「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル」(国土交通省)の中に、大規模修繕時期の目安として「12年目・24年目・36年目程度」といった概念図が示されているのを、多くの売り主や管理会社が踏襲しているからだ。

 管理会社の中には、この12年のサイクルこそが、大規模修繕時期の到来であるというトーンで、工事の実施を促すところがある。これは顧客である管理組合の意向を問わず、工事受注のノルマを達成しなければならない管理会社の都合に他ならない。

残り888文字(全文1263文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事