週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

下振れしにくい中古マンション価格/24

    (出所)東日本不動産流行機構、東京証券取引所
    (出所)東日本不動産流行機構、東京証券取引所

     令和元年も残すところあと1カ月。元号の変わり目には大きな社会変化が起きている。大正から昭和に変わる際は、関東大震災による膨大な不良債権と未熟な金融システムから金融恐慌が発生。昭和から平成に変わる際はバブルが崩壊し、日本はその後、失われた20年に突入。その間、東京都心部の地価は3分の1にまで急落した。平成から令和に変わった今回は一体どんな変化が巻き起こるのか。

     不動産価格は経済情勢によって上下するので、この先の経済が見通せれば、理屈上ある程度は価格を先読みできる。特に都心3区(中央・千代田・港区)の中古マンション成約単価は、図のように見事に日経平均株価と連動している。都心3区の値動きは都内全体に波及し、やがて神奈川・埼玉・千葉へと連動していく。新築マンションの場合はもう少し限定的な連動性となるものの、いずれにせよ今後の趨勢(すうせい)は株価次第というこ…

    残り780文字(全文1161文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事