週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

デザイナーズ物件に潜む落とし穴/25

自分の好みが他人にも好まれるとは限らない(本文とは関係ありません)
自分の好みが他人にも好まれるとは限らない(本文とは関係ありません)

 テレビや雑誌では、個性的な間取りやデザインの家がよく紹介される。建売住宅ではなく、自分だけのオリジナルな家を建てたいというニーズはいつの時代にもある。こうした「デザイナーズ住宅」と呼ばれる家は魅力があるが、実は注意が必要な点も多い。

 例えば「軒がない建物」。建物から屋根が伸びている部分を「軒」と言うが、軒をなくしてフラットな外観を追求している建物をよく見かけるだろう。都心部では敷地が狭いところに境界線ギリギリまで建物を建てるため、仕方なくこのような形状になっている場合も多い。軒がないと「雨漏り」の可能性が増える。軒先の出が少ない分、吹き込んでくる雨にめっぽう弱いのだ。都内の高級住宅地に建つ数棟のデザイナーズ住宅が、一斉に雨漏りした事例もある。軒がないことで外壁は雨を直接受けるため、劣化も早い。

「形状が複雑すぎる建物」も問題が多い。建物の形はシンプルな直方体がベスト。複雑になればなるほど外壁や屋根の表面積が増えるので、それだけ雨漏りの可能性も増える。

残り758文字(全文1189文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事