週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

    撮影 二村祐士朗
    撮影 二村祐士朗

     新宿御苑は元は皇室苑地だった。そこでは、日中戦争が始まるまで、春には観桜会、秋には観菊会が、天皇を主人役とし、限られた招待客を相手に毎年行われていた。

     戦争が終わって、これら天皇の園遊会は復活したか。そうは問屋が卸さなかった。天皇の戦争責任を問う声は内外で高まった。

     占領軍総司令部はというと、民主主義を目に見える形で表現したかった。そこで目に留まったのが皇室苑地だったろう。それを日本の人民に開放する。1947(昭和22)年12月、新宿御苑は政府直轄の国民公園になった。

     旧時代の新宿御苑を象徴したのは、春秋の天皇の花見。それもまた国民の花見に変わるのがよい。新宿御苑では49年から、国民向けの観菊会が開かれた。日本の独立回復が目前の52年春からは、首相をホストとする「桜を見る会」も始まった。民主主義国の公的花見は、天皇でなく首相が前に立って催されるべきとの思想の表れだろう。

    残り393文字(全文784文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット