週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

    撮影 二村祐士朗
    撮影 二村祐士朗

     新宿御苑は元は皇室苑地だった。そこでは、日中戦争が始まるまで、春には観桜会、秋には観菊会が、天皇を主人役とし、限られた招待客を相手に毎年行われていた。

     戦争が終わって、これら天皇の園遊会は復活したか。そうは問屋が卸さなかった。天皇の戦争責任を問う声は内外で高まった。

     占領軍総司令部はというと、民主主義を目に見える形で表現したかった。そこで目に留まったのが皇室苑地だったろう。それを日本の人民に開放する。1947(昭和22)年12月、新宿御苑は政府直轄の国民公園になった。

     旧時代の新宿御苑を象徴したのは、春秋の天皇の花見。それもまた国民の花見に変わるのがよい。新宿御苑で…

    残り497文字(全文784文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット