教養・歴史書評

『ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ』 評者・平山賢一

     金融界を代表するスタープレーヤーの失敗を並列的に紹介した本だ。なぜ失敗したかを突き詰めるのではなく、成功者も失敗の経験を経て、どのように成功の糧にしたかに焦点を定めている。時々名前を耳にする投資家のウォーレン・バフェットだけではなく、実に多くの主役がいたことに驚かされるとともに、レジェンドと呼ばれる大投資家も失敗していたという事実は、多くの個人投資家にも勇気を与えるだろう。

     たとえば、『トム・ソーヤーの冒険』を書いたマーク・トウェインが、これほどまでに投資にのめりこみ、失敗の連続に打ちのめされたことは、あまり知られていない。彼のシニカルな珠玉の言葉の数々は、失敗の中から得られたものだったのだ。まさに「10月ほど株式の投機にとって危険な月はない、といっていい。それ以外に危ないのは、7月、1月、9月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、そして2月だ」との言葉は…

    残り851文字(全文1240文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット