教養・歴史書評

スリム化して一新した『現代用語』=永江朗

     毎年、11月半ばになると書店の店頭に高く積まれた『現代用語の基礎知識』(自由国民社)。今年はその風景が少し違っている。同書は2020年版から大リニューアルをおこない、形態も内容も一新した。表紙にうたわれている「新創刊」は大げさではない。

     19年版と比べると、総ページ数は1224ページから296ページへと4分の1以下になり、本体価格も3200円から1500円になった。「どうなる令和新時代」と題した特集ページや「ニュースのおさらい」などに約100ページを使い、本体である、「政治」「世界情勢」「経済」「時代・流行」など分野別の用語辞典部分は大幅に縮小された。

     自由国民社のサイトによると、コンセプトは〈「ことば」を羅針盤にこの1年の時代の波をとらえる〉。重厚長大な事典・年鑑ではなく、1年間をジャーナリスティックに点描しようということなのだろう。

    残り367文字(全文741文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット