教養・歴史深層真相

英語民間試験延期で落胆 国数記述式も文科省悲観

    「公平性、公平性と言うなら記述式をやめて従来通りマークシートだけにすればいい話。それが一番公平なんだから」。文部科学省幹部は投げやりな様子で吐き捨てるように言った。大学入試センター試験に代わって2020年度から導入を予定していた大学入学共通テストの英語民間試験。萩生田光一文科相が事実上の白紙撤回となる実施延期を発表し、文科省内には徒労感が漂っている。

     11月1日の延期発表前日には、事務次官をはじめ、文科省幹部が次々に首相官邸へ足を運んだ。遠隔地の受験生への交通費支援制度などを検討していることを伝え、「予定通り実施したい」と訴えたが、官邸幹部は認めなかった。河井克行前法務相ら閣僚2人が相次いで辞任した直後でもあっただけに、「強行突破すれば政権の支持率に響く」(自民党幹部)と与党内に見直し論が広がった。

    残り178文字(全文533文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット