テクノロジーワールドウオッチ

韓国 半導体材料の輸出再開に安堵=嚴在漢

    順調な稼動待つ最先端半導体ライン(筆者撮影)
    順調な稼動待つ最先端半導体ライン(筆者撮影)

     今年7月以降、日本政府によって輸出管理が厳格化されていた半導体関連材料3品目のうち、韓国への液体フッ化水素(フッ酸)の輸出が11月15日、初めて許可された。

     レジスト(感光材)やフッ化ポリイミド、気体のフッ化水素の輸出に続き、半導体生産に不可欠な高純度のフッ酸の輸出も、制限付きではあるものの再開された。

     韓国の半導体業界では、日本政府が規制を厳格化した理由は、高純度フッ酸の場合、北朝鮮などに流れる蓋然(がいぜん)性が高いためと見られており、輸出の許可は下りないとの見方があった。今回の措置に韓国の半導体業界は安堵(あんど)しつつも、日本政府の一時的な判断の可能性が高いと分析している。日本以外に取引先を求めると同時に、国産化を推進する方針だ。

    残り172文字(全文496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット