週刊エコノミスト Online編集後記

浜田健太郎/藤枝克治

     柏レイソルが今年J2リーグで優勝しJ1復帰を決めた。「日立台」と呼ばれるホームスタジアムに通うようになって20年。この間に降格と昇格を3回ずつ目撃した。

     前回の降格(09年)の翌年にJ2で優勝し、昇格した11年にJ1で初優勝した。浮沈が激しいことはクラブの個性で、それが応援する動機につながっている。サッカーのゲームは常に「何が起こるかわからない」。その醍醐味(だいごみ)を理屈ではなく身体で理解するようになった。

     日立台は選手が立つピッチと観客席が近い。スパイクのどのあたりでボールを蹴ったのかはっきりと見えるのだ。現役時代の名波浩が見せた繊細なボールタッチには唸(うな)らされた。Jリーグに来ると想像しなかった元スペイン代表、フェルナンド・トーレスの現役最後のゴールも見ることができた。こんな環境が生活圏内にあることは幸せなことだと思う。

    残り1084文字(全文1456文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット