教養・歴史書評

『日本経済のマクロ分析 低温経済のパズルを解く』 評者・小峰隆夫

    著者 鶴光太郎(慶応義塾大学大学院教授) 前田佐恵子(内閣府大臣官房人事課企画官) 村田啓子(首都大学東京教授) 日本経済新聞出版社 3000円

    日本経済の課題を一望 充実の「民間版経済白書」

     マクロ経済の動きに関心を持つ人にとっての必読文献が登場した。

     ここ二、三十年の日本経済は、バブルの生成と崩壊、リーマン・ショック、人口減少などに直面し、デフレ、潜在成長率の低下など経験したことのないようなマクロ経済パフォーマンスの変化に見舞われてきた。その中で、これまでの経済常識では説明できないパズルが生じている。

    「景気と労働需給の関係の分断(景気の動向と関係なく労働需給がひっ迫してきた)」「景気・労働需給と賃金…

    残り927文字(全文1231文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット