教養・歴史書評

『円谷幸吉 命の手紙』『開かれた対話と未来』『革命と戦争のクラシック音楽史』『経済がわかる 論点50 2020』

     東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得しながら、有名な遺書を残して自殺した円谷幸吉。謎多き事件の真相に、彼や周囲が生前残した膨大な書簡や証言から迫った。かねて指摘されていた上司の自衛隊体育学校長との確執、婚約破棄、けがによる成績不振が圧力になったことを裏付ける。死の直前まで付き合っていた女性がいたという意外な事実も。親族や友人らを気遣う優しくて明るい彼の姿に救われる。こんな悲劇が繰り返されないよう切に願う。(W)

     本書で解説するオープンダイアローグとは…

    残り779文字(全文1006文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット