週刊エコノミスト Online深層真相

ワイド特別版 2020年の企業人事情報 電力 東電会長交代「既定路線」 経産省出向者の行方も焦点

     東京電力HDは、川村隆会長(80)の交代が「既定路線」になっている。後任会長には、嶋田隆・前経済産業事務次官(59)=写真=が取り沙汰される。嶋田氏は12~15年に東電取締役を務め、東電改革を進めた人物。19年7月の次官退官後は、東電HDの筆頭株主である原子力損害賠償・廃炉等支援機構(原賠機構)の特別顧問に就いている。

     経産省が11年の東電実質国有化後に送り続けてきた東電取締役ポストの行方も焦点だ。現在は3代目の山下隆一氏(55)だが、嶋田氏が会長に就く場合には4代目を送らない可能性も浮上している。一方、従来通りに経産省からの出向者を受け入れ続けて、嶋田氏を会長でなく社外取締役で迎える可能性もささやかれる。その場合の後任会長候補のめどは立っていないもようだ。

    残り87文字(全文421文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット