週刊エコノミスト Online独眼経眼

米株価上昇の陰で生産統計が悪化=藻谷俊介

     落としどころの見つからない米中協議。その裏で、世界の経済統計は着実に悪化し続けている。

     最近のデータの中で特に筆者の目を引いたのは、図1の世界鉱工業生産である。これは世界主要17カ国の鉱工業生産指数について、購買力平価(物価に注目した為替決定理論)をベースにした国内総生産(GDP)のウエートで合成し、1本の線にしたものだ。1年以上にわたって既に踊り場状態ではあったが、10月にこれまでにない下方屈折があり、いよいよ悪化を示唆し始めた。

     10月は米国、韓国、日本、タイが前月と比べ大きなマイナスとなったのに加え、プラスに寄与してきた中国も横ばいになった。このグラフを見ると、世界景気は株価から期待される底入れどころか、ここから一段と悪くなる可能性があり、その覚悟を促してきた筆者もショックを隠せない。

    残り721文字(全文1072文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事