週刊エコノミスト Online独眼経眼

世界経済好転で優位に立つ日本株=渡辺浩志

     世界経済に好転の兆しが見えてきた。2018年初から世界の景況感を悪化させてきた半導体需要の不振は、約2年の周期的な調整局面の終盤にある。第5世代移動通信システム(5G)の本格運用に向け、半導体需要はいま、力強く立ち上がろうとしている。

     世界経済に先の見えない不安感をもたらしてきたトランプ米大統領の対中政策も、大統領選が近付くなかでいくらか見通しが晴れてきた。米中間の関税合戦による世界貿易の縮小や、技術覇権争いによる世界的な設備投資の萎縮は最悪期を過ぎつつあるようだ。

     中国では貿易戦争の長期化に備えた拡張財政、金融緩和、元安容認の景気刺激効果が見え始めた。また、米連…

    残り803文字(全文1089文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット