【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online独眼経眼

世界経済好転で優位に立つ日本株=渡辺浩志

 世界経済に好転の兆しが見えてきた。2018年初から世界の景況感を悪化させてきた半導体需要の不振は、約2年の周期的な調整局面の終盤にある。第5世代移動通信システム(5G)の本格運用に向け、半導体需要はいま、力強く立ち上がろうとしている。

 世界経済に先の見えない不安感をもたらしてきたトランプ米大統領の対中政策も、大統領選が近付くなかでいくらか見通しが晴れてきた。米中間の関税合戦による世界貿易の縮小や、技術覇権争いによる世界的な設備投資の萎縮は最悪期を過ぎつつあるようだ。

 中国では貿易戦争の長期化に備えた拡張財政、金融緩和、元安容認の景気刺激効果が見え始めた。また、米連邦準備制度理事会(FRB)が景気後退リスクに対処すべく19年夏から行ってきた予防的利下げの効果が半年を経て、米景気を押し上げる時期に入る。

残り734文字(全文1089文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事