経済・企業挑戦者2019

峯啓真 シェアメディカル代表 「聴診」にデジタル革命を

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     発明されてから200年間、いまだにアナログの世界にある聴診器をデジタル化した。聴診音をデータ化して保存・共有し、医療界の問題解決と発展を目指す。

    (聞き手=藤枝克治・本誌編集長、構成=白鳥達哉・編集部)

     学校検診で100人くらいの児童を診ると、聴診器の付け外しの繰り返しで耳が痛くなる──。聴診器デジタル化ユニット「ネクステート」の開発のきっかけは、ある小児科医師の悩みを聞いたことでした。

     聴診した音をデジタルデータに変換すれば、ヘッドホンなど耳に負担のかかりにくい機器で使えるだけでなく、音のデータを録音して蓄積・検証することも可能になります。これはビジネスになるのではないかと考え、開発を始めました。

    残り1279文字(全文1582文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット